離乳食にこだわっている食材宅配ベスト3

宅離乳食にこだわっている食材宅配

離乳食を作るために、食材宅配を利用し始める人は、決して少なくありません。

なぜならば、食材宅配で取り扱っている食材は、スーパーなどで売られている一般的な食材より、安全性や付加価値が高いケースが多いからです。

では、大切なわが子の離乳食を作るための食材として、最もおすすめの食材宅配会社はどこなんでしょう。

今回は、離乳食にこだわっている食材宅配をランキング形式で、ご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

1.離乳食の食材宅配ランキング

第1位.パルシステムの離乳食

パルシステムは、離乳食づくりに便利な食材が充実しています。

野菜をすりつぶす手間が省くことができる「うらごし野菜シリーズ」や、一度にいろいろな野菜を摂ることができ、必要な分だけ取り出して使うことができる「バランスキューブ」、あらかじめ皮と骨が取り除いてある魚の切り身などなど、毎日の育児で忙しいあなたをサポートしてくれます。

また、パルシステムでは、月齢に合わせ、これらの食材を使った離乳食レシピを無料で公開しているので、離乳食の献立に困ってしまうこともありません。

パルシステムの基本情報

お試しセット配達エリア料金(送料)注文方法カタログ
化学調味料未使用のウインナーや発色剤未使用の国産豚ハム東京、神奈川、千葉、埼玉、茨城、栃木、群馬、福島、山梨、静岡、新潟(一部対象外エリアあり)入会金と年会費は無料カタログ、ネット、電話メインカタログとオプションカタログ
お得な特典農薬放射能検査食品添加物アレルギー対応
無料の資料請求で人気の定番食材がもらえる
有機JAS認証野菜あり国の基準よりも厳しい自主基準安全性を最優先アレルゲン商品のお知らせ機能など

▼パルシステムへの資料請求はこちらから▼

第2位.オイシックスの離乳食

オイシックスには、「ベジキューブ」と呼ばれる離乳食向け食材があります。

ベジキューブは、国産野菜をペースト状にして冷凍したもので、国内のオイシックス指定産地から集めた野菜を使って作られているのはもちろんのこと、化学調味料を使用していないので、離乳食やベビーフードにぴったりです。

また、ベジキューブは、小分け容器に分けられているので、必要な分だけ使うことができ、食材を無駄にすることがないのも注目したいポイントです。

なお、オイシックスには、放射能物質不検出の商品を中心にママに便利な商品が割引でセットされた、「プレママ&ママコース」と呼ばれる小さなお子さんがいる家庭の主婦に人気セットもあります。

オイシックスの基本情報

入会特典料金送料お届け方法注文方法
クーポンプレゼントなど入会金や年会費は無料2つの系統がありヤマト便と専用車インターネットでの注文が原則
おすすめ商品おいしっくすくらぶとは牛乳飲み放題支払い方法放射能検査
オイシックス殿堂入り商品などサービス内容が優遇ヨーグルトも対象商品いろいろな方法に対応ベビー&キッズ商品は不検出

▼オイシックスについて、さらに詳しく▼

第3位.生活クラブの離乳食

生活クラブは、原材料がわかるもの、生産者がみえるものにこだわっています。

たとえば、おかゆ作りの欠かせないお米は、いつ、どこで、だれが、どのように育て、どこで精米され、袋詰めされ、どう運ばれたのかまでしっかり分かります。

■参考:お米にこだわっている食材宅配ベスト3

また、便秘解消やカルシウム補給などに効果的な健康食材のヨーグルトは、提携酪農家の鮮度の高い良質の原乳、濃縮乳を使用し、乳化剤や安定剤は入っていません。

また、遺伝子組み換え作物、食品添加物、残留農薬などに対する対策や検査体制なども、大変厳しい基準で管理されているのも、おすすめできるポイントです。

生活クラブの基本情報

お届けエリアお届け方法料金(入会金など)送料食品添加物
北海道、山形、福島、茨城、栃木、埼玉、千葉、東京、神奈川、山梨、愛知、京都、滋賀、大阪、奈良、兵庫個別配送と班配送出資金が必要無料の地域あり約90パーセント不使用
お届け時間指定農薬放射能検査注文方法赤ちゃん特典
不可「減農薬」が基本国の基準より厳しいカタログ注文とネット注文プレママ特典

▼生活クラブへの資料請求はこちらから▼

2.離乳食に使う食材選びのポイント

2-1.危険性の高い食材は避ける

離乳食に使う食材選びでは、食材の質にこだわることが重要です。

なぜならば、離乳食を始める頃の赤ちゃんは、大人に比べ内蔵が未発達で、有害な成分の影響を受ける可能性があるからです。

食品に含まれる有害な成分としては、食品添加物、残留農薬、遺伝子組み換え作物などが挙げられます。

たとえば、世界中で問題となり、EU諸国では使用禁などの対策が講じられているネオニコチノイド系農薬は、日本では認可されたままですし、輸入果物には食品添加物として扱われている毒性の強い農薬イマザリルが使われています。

また、現在まで遺伝子組み換え作物による健康被害が報告されていませんが、生産効率を上げるために開発された新しい技術である遺伝子組み換え作物の危険性については、未だにわからないことが多くあるのも事実です。

食材宅配会社の中には、独自の基準を設け、国の基準よりも厳しい管理体制で安全性を確保しているところもあります。

今回、ご紹介した食材宅配会社の中で、食品の安全性を基準として、最もおすすめしたいのは、この食材宅配会社です。

2-2.月齢に合わせた食材を選ぶ

赤ちゃんは、成長に伴い、内臓器官や消化機能が徐々に発達していきます。

このため、ひとくちに離乳食といっても、月齢によって、食べられる食材に違いがあります。

また、食材の中には、離乳食としてあまり適していないものや、中には与えてはいけない食材もあります。

■参考:OK食材・NG食材 早見表(パルシステム)

パルシステムなら、月齢に合わせた離乳食レシピも充実しているので、安心です。

▼パルシステムへの資料請求はこちらから▼

2-3.離乳食作りを大変にしない工夫を

離乳食は、意外と大変です。

なぜならば、自分たちの食事とは別に赤ちゃん専用の食事も用意しなければならないからです。

また、月齢によって、使う食材やメニューを変えたりしなければいけません。

つまり、離乳食を作り続けるためには、適度に離乳食作りを手抜きする工夫が必要なんです。

離乳食作りを手抜きする方法として、最も簡単なのは、ベビーフードを利用することです。

ただし、一般的にベビーフードは濃い味付けのものが多いので、赤ちゃんがベビーフードの濃い味付けに慣れてしまうと、手作り離乳食を食べてくれなくなったり、偏食になってしまう可能性もあります。

このため、手作り離乳食とベビーフードのいいとこ取りをするためには、カット野菜のように下準備だけ済んだ食材を使い、お料理の手間を省くのが、おすすめの方法です。

離乳食つくりの手間を省く食材として人気なのは、パルシステムの商品です。

赤ちゃんも安心セット」を利用すれば、離乳食に便利な人気のセットを、割引価格で試すことができます。

『自宅をレストランに』をコンセプトにした、毎週こだわり食材とレシピが届く定期宅配サービス

■いま注目度急上昇の料理キット

『自宅をレストランに』をコンセプトにした、毎週こだわり食材とレシピが届く「魅せる食材キット【TastyTable】

プロ監修のレシピ、食材と調味量も使い切りの分量で誰でも必ず美味しい料理が作れます。

また、写真をインスタに上げたくなる『魅せる食材キット』として、日経トレンディ2017年ヒット商品予想第2位に選ばれたことからも、その注文度の高さがうかがえます。

▼おうちをレストランに変える食材キット▼

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です