私ってダメ主婦?共働き主婦が料理をめんどくさいと感じてしまう理由と料理の苦痛を解消する方法教えます

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

共働きの主婦が料理の苦痛から解放

あなたは、毎日の夕食作りを「苦痛!」だと感じたことはありませんか?

また、「毎日、食事のことばかり考えないといけない毎日にうんざり…」と心の中で悲鳴をあげたことはありませんか?

共働き主婦の夕食作りは、本当に大変です。

時間を上手にやりくりしなければいけないのはもちろんのこと、家事の負担の大きさに理解を示し協力してくれる旦那さんが少数派であることも、ストレスやプレッシャーを増加させる大きな理由になっています。

このため、最近では、料理に対する過剰なストレスや過労が引き金となり、「料理うつ」と呼ばれる症状に悩まさせる女性も少なくありません。

では、あなたがストレスやプレッシャーを感じるライフスタイルを改善し、料理の苦痛を解放するためには、いったいどうしたらいいのでしょう?

仕事と家事を両立している賢い共働き主婦の意見を参考にしながら、あなたにピッタリの解決方法を一緒に考えていきましょう。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

1.料理をめんどくさいと感じてしまう理由

なぜ共働き主婦は、料理が苦痛になってしまうのか

共働き主婦には、あなたのように、料理することを苦痛に感じつつ、毎日夕食作りを頑張っている共働き主婦が少なくありません。

その一方で、料理があまり得意ではないにもかかわらず、料理の苦痛やめんどくさいという感覚から解放され、家事と仕事を上手にやりくりしている共働き主婦もいます。

では、その違いは、いったい何なのでしょう。

まずは、忙しい共働き主婦が、料理をめんどくさいと感じてしまう理由から確認していきましょう。

1-1.メニュー(献立)を考えるのが大変

メニュー(献立)を考えるのが大変

毎日の夕食メニューを考えるのは、料理の中で最も労力が必要な作業のひとつです。

たった一日だけのメニューを考えるのであれば、大きな負担にはならないかもしれません。

しかし、毎日のメニューともなれば、栄養バランスやカロリーはもちろんのこと、昨日の夕食は何を食べたか、チラシの特売品の情報や、冷蔵庫の残り物が何か、主菜と副菜のバランスなどなど、考えなければいけないことは山ほどあります。

共働き主婦の中には、1週間分の献立をあらかじめ計画した上で、休日に食材をまとめて下ごしらえし冷凍保存、平日には下ごしらえした食材を使って夕食を作ることで料理の負担を軽くする主婦もいますが、それは料理が得意なスーパー主婦だけに限った話。

このため、仕事で体力気力ともに消耗している共働き主婦が、「あ~あ、今日は何にしよう」と献立に悩み、帰宅してもスグに夕食作りに取り掛かることができないのは、ある意味仕方のないことなのかもしれません。

1-2.仕事帰りに買い物も済ませないといけない

夕食作りの前に買い物も済ませないといけない

限られた予算の中で夕食を作るためには、特売品や限定品を手に入れるため、仕事帰りに買い物を済ませなければならない場合もあります。

ただでさえ、仕事で疲れているのに、買い物をして重いエコバックを持ちながら自宅までの坂道を上っていくのは、肉体的にも精神的にも疲れを倍増させます。

そして、あなたが残業で帰るのが遅くなったとしても、スーパーはあなたの買い物を待っていてくれるわけではありません。

買い物に行くのが遅くなれば、品揃えが悪くなるのは当然のこと。

朝チラシでチェックしておいた特売品はもちろん、場合によってはメイン食材も売り切れていて、「どうしよう~」と頭を悩ませ別のメニューを考えながら、買い物をしなければならない時もあるでしょう。

しかし、そんな苦労も、夕食を食べるだけの旦那さんは、少しも理解してくれません。

1-3.料理作りは私(妻)ばかり

料理作りは私(妻)ばかり

「料理作りは妻の担当」

共働き夫婦の中には、こんな価値観を持ち続けている旦那さんが少なくありません。

しかも、こんな価値観を持つ旦那さんに限って、奥さんの料理に感謝する気持ちは、ほとんどありません。

帰宅後、休む暇もなく夕食を作っているあなたに対し、テレビを見てくつろぎながら「今日のメニューは何?」、「夕飯まだ?」などとプレッシャーをかけ、いざ食事になれば「美味しい」の一言すらありません。

さらに、あなたが頑張って作った料理を残すことに、なんの罪悪感も感じません。

「仕事で疲れているのは、あなたも私も同じなんです。私はあなたの家政婦じゃ、ありません!」

疲れていても、帰りが遅くても、妻が料理するのがが当たり前になっている毎日では、あなたがこう叫びたくなるのも、当然のことです。

2.料理の苦痛を解消する方法

料理を苦痛に感じなくする一般的な解決法

料理の負担を軽くする方法として、最も一般的なのが「外食や中食と呼ばれるお弁当やお惣菜」に頼る方法です。

しかし、外食やお弁当、お惣菜ばかりの食生活は、食塩や脂肪の摂取量の増加、メタボリックシンドロームの危険性が高まる危険性があるとして、厚生労働省のホームページでも注意を呼びかけています。

■参考:上手な外食の活用(厚生労働省ホームページ)

■参考:中食の選び方(厚生労働省ホームページ)

では、短時間で健康的な食生活を実現する方法として、いったいどのような方法が効果的なのでしょう。

仕事と家事を上手にやりくりしている共働き主婦に人気の便利なサービスを、ピックアップしてご紹介します。

■手抜き料理をしたくないなら「宅配料理キット」

手抜き料理をしたくないなら「宅配料理キット」

宅配料理キットは、「毎日忙しいけど、手抜き料理はしたくない…」と考えている人におすすめのサービスです。

というのも、宅配料理キットを利用すれば、外食やスーパーのお惣菜とはひと味違う「できたてのアツアツ料理」を、サッと作ることができるからです。

栄養士やプロの料理人によってカロリー計算された料理キットなら、外食やお惣菜ばかりで乱れた食生活を改善することができます。

そして、あなたの代わりに日替わりメニューを提案してくれる宅配料理キットなら、「今夜何にしよう?」とメニューを考える必要もありません。

また、自宅まで料理キットを届けてくれる宅配サービスを利用すれば、これまでスーパーやコンビニまで遠回りしていた移動時間を、家事や休息の時間として使うこともできます。

■旦那さんの帰宅時間が遅いなら「冷凍弁当」

旦那さんの帰宅時間が遅いなら「冷凍弁当」

冷凍弁当は、「ウチのダンナは、帰りが遅い日が多くて…」という人におすすめのサービスです。

というのも、冷凍弁当を利用すれば、食事の準備をしない旦那さんでも、温かい夕食をサッと用意することができるからです。

旦那さんでも簡単に用意できる冷凍弁当なら、帰りの遅い旦那さんのために、夕食を温め直す必要はありません。

そして、ゴミをして捨てられる専用容器に入った冷凍弁当なら、夜中に食器洗いや片付けをする必要もありません。

また、冷凍庫で保存ができる冷凍弁当なら、「今日の夕食いらないから…」と連絡があった場合にも、翌日のお弁当や夕食として利用することができます。

■家庭の味にこだわりたいなら「自動調理器」

「家庭の味にこだわりたい…」なら「自動調理器」

自動調理器は「忙しくても、家庭の味にこだわりたい…」と考えている人におすすめの時短アイテムです。

というのも、自動調理器を利用すれば、ほったらかしで「栄養もあって、簡単で、美味しい手料理」を作ることができるからです。

ほったらかして料理が完成する自動調理器なら、いままでキッチンに立っていた時間を、家事やカラダを休める時間として使うことができます。

そして、予約調理機能がついている自動調理器なら「朝セットして、帰宅時にはアツアツ料理ができている」ライフスタイルを手に入れることができます。

また、微妙な火加減も自動ですべてやってくれる自動調理器なら、栄養を逃さない調理法として注目されている「無水料理」も、簡単に作ることができます。


(※ご注意!ここで紹介しているデータは、2019年02月23日時点での独自による調査結果です。各データは、必ず運営会社発表のものと照合しご確認ください)

関連コンテンツ


■いま注目度急上昇の料理キット!糖質制限プログラム「 ナッシュ」

▼ナッシュの申し込みはこちらから▼

ナッシュは、「簡単!しかも手軽に糖質制限ができる」サービスとして、TVや新聞などでも紹介されている話題の食材宅配です。

  • 糖質30g以下
  • たんぱく質15g以上
  • 塩分2.5g以下

というヘルシーメニューなので、血糖値や血圧が高い方はもちろんのこと、「糖質制限の食事で体質改善をしたい!」、「食生活を見直して生活習慣病を予防したい!」と考えている人にもおすすめのサービスです。

低糖質、高たんぱく質、低塩分のヘルシーメニューといえば「美味しくない!」、「病院食みたい…」という印象を持つことが一般的。

しかし、ナッシュでは「経験豊富な栄養管理士」と「20年以上の経験のあるシェフ」がタッグを組むことによって、「美味しく飽きのこない味付け」を常に追求しています。

さらに、

  • 国産野菜を使用
  • 砂糖未使用
  • すべて手作り

など、産地や製造にこだわっているにもかかわらず、値段はとってもリーズナブル。

「1食548円~」という糖質制限食としてはとってもお手頃価格なので、これまで値段が気になっていた人でも安心して試すことができます。

さらに、あなたが自由にメニューを選ぶことができるので、「これ、このあいだ食べたばかり…」とガッカリする可能性もゼロ。

しかも、メニューの中には、低糖質のドーナツやロールケーキなども含まれているので、夕食後のデザートも楽しむことができます。

糖質制限を続けるためには、「無理をしない」ことがとっても重要。

「自己流では、なかなかうまくいかない…」と感じているなら、科学的根拠に基づいたナッシュのヘルシーメニュー!おすすめです。

▼ナッシュの申し込みはこちらから▼

ナッシュ利用者生の声

▼ナッシュの申し込みはこちらから▼


スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする