高齢者の「やわらかい食事作り」をラクにする方法

高齢者の「やわらかい食事作り」をラクにする方法

休むことなく、毎日続く高齢者向けの食事づくり。

おじいちゃんやおばあちゃんの食べ物の好みや栄養バランスを考えながらメニューを考えるのは重要なことかもしれませんが、毎日となるとホント面倒ですよね。

しかも、おじいちゃんやおばあちゃんのために、別メニューや介護食を作らないといけないとなると、その負担はさらに倍増。

それに、毎日忙しいし体調が思わしくない時もあるから、毎日頑張って食事を作れるわけでもないんですよね。

でも、世の中にはそんな高齢者向けの食事作りを上手に手抜きしながら、毎日を快適に過ごしている主婦はたくさんいます。

しかも、上手に手抜きする方法は、意外と誰でもできる簡単な方法だったりします。

では、食事作りが大変だと感じている主婦と、やりくり上手な主婦には、いったいどんな違いがあるのでしょう。

その理由はもちろん、解決法についても詳しく紹介していきます。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

1.高齢者向けの料理が大変な理由

高齢者向けの食事作りには、普段の食事作りとは違う大変さがあります。

代表的な理由をピックアップしてみたので、あなたにも当てはまるポイントがあるかチェックしてみてください。

1-1.別メニューは時間がかかる

別メニューは時間がかかる

高齢者向けの食事は、食べやすくするため細かくきざんだりやわらかくしたりなど、家族の食事とは別メニューにするケースが多いですよね。

1度に2つのメニューを作るのはめんどくさいし、忙しい毎日の中ではあまり時間の余裕もないのではないでしょうか。

また、別メニューだと、使いきれずに食材をムダにしてしまうこともあるから、経済的損失も無視できないですね。

1-2.買い物の手間が増える

買い物の手間が増える

家族と別メニューになれば、使う食材の種類も増えるのは当然のこと。

使う食材の種類が増えると、欲しい食材を探すためにスーパーの中をウロウロしちゃって買い物時間も長くなってしまうのではないでしょうか。

買い物時間が長くなると、夕食が遅くなったり寝る時間が遅くなったりと、あなたの時間が奪われ、生活サイクルにも悪影響が出てきます。

さらに、エコバッグが重くなったり買い忘れが多くなったりと、買い物にも相当なエネルギーが必要になります。

1-3.やわらかさを調整しないといけない

やわらかさを調整しないといけない

きざみ食、ソフト食、ゼリー食、ムース食など、やわらかい食事にもたくさんのレベルがありますよね。

食べる人に合わせ、煮込む時間やとろみのつけ方に苦労しているのではないでしょうか。

しかも、食事のやわらかさは、噛む力や飲み込む力の衰えに応じて変化させないとといけない。

今のやわらかさが本当に合っているのか不安を感じながらの食事作りは、精神的プレッシャーも大きくなります。

1-4.栄養バランスが不安

栄養バランスが不安

健康な身体を維持するためには、食事の栄養バランスは必要不可欠。

でも、やわらかさの調整や味付けに気をとられていると、なかなか栄養バランスまで気が回らないのが現実ではないでしょうか。

それに、専門家の指導やアドバイスがなく、我流で栄養バランスを考え食事を作っても、思うような結果にならないことも…。

また、栄養バランスを維持するためには、食べにくい食材を食べやすくする工夫も必要です。

1-5.メニューを考えるのが大変

メニューを考えるのが大変
「レパートリーが少ないから、同じようなメニューの繰り返しになっちゃう」

毎日忙しい主婦なら、こう感じてしまうのは当然のことではないでしょうか。

すごく料理が得意だったり専門知識があれば話は別ですが、手間や時間のかかるメニューのレパートリーを増やすのは簡単なことではありません。

新しいメニューを覚えるためには、「知る」だけではダメ。

何度も試して…、失敗を繰り返して…、「できる」ようにならないとダメなんです。

2.高齢者の食事作りをラクにする方法

高齢者向けの食事作りを無理なく続けるためには、頑張るのではなく「上手に手抜きする」ことがとっても重要です。

上手に手抜きする方法としては、代表的な方法には次のようなものがあります。

ただし、それぞれの方法には特徴があり、その特徴はあなたの使い方やライフスタイル次第で、メリットにもデメリットにもなります。

2-1.日常食のリメイク

日常食のリメイク

普段の食事に、とろみをつけたり、やわらかく煮直したり、細かく切ったりしてやわらかい料理にリメイクする方法です。

調理時間はもちろんのこと買い物時間も節約することができるので、忙しい共働き主婦におすすめの方法です。

ただし、日常食をリメイクを成功させるためには、家族の食べ物の好みが一致していることが絶対条件。

このため、特に三世代同居世帯などでは、「子供に高齢者のような食生活を強いなければならない」可能性も考慮しなければいけません。

2-2.高齢者向けレシピ

高齢者向けレシピ

ネットや雑誌などの高齢者向けレシピを参考にする方法です。

メニューを自分で考える必要が無いし、新しいメニューにも安心してチャレンジすることができるため、料理のレパートリーを増やしたいと思っている人におすすめの方法です。

ただし、無料レシピの多くは素人が考えたメニューのため、味付けや見た目、彩りなど、メニューに当たりハズレがあります。

また、レシピに書かれている作り方だけでは、好みのやわらかさや味付けに調整することが難しい場合もあります。

このため、必要に応じ、あなたがレシピをカスタマイズすることも覚悟しておかなければいけません。

2-3.レトルトや冷凍食品

レトルト食品

気に入った市販品を食事のメニューとして取り入れる方法です。

料理に必要な時間や負担を大幅に短縮することができるし、レトルト食品の中にはやわらかさを選べるタイプも多いので、あまり料理が得意じゃない人におすすめの方法です。

ただし、レトルト食品は味付けが濃いめなので、普段の食事と組み合わせて利用した場合、薄い味付けの日常食が美味しく感じられなくなる可能性があります。

また、好きなものばかりを食べてしまうケースが増えると栄養バランスが偏り、「お腹はいっぱい、でも栄養が…」という危険な状態になる危険性もあります。

3.高齢者向け宅配食を使うメリット

ここまで紹介してきた解決法とは別の方法として、最近注目されている解決方法があります。

その解決方法とは「高齢者専用の宅配食」

以前は割高で利用する人も少なかったのですが、高齢者の増加や現役世代の働き方の変化に伴い、料金もリーズナブルになりサービス内容も充実してきています。

高齢者専用の宅配食最大の特徴は、食べる人にも作る人にも優しいこと。

つまり、高齢者他専用の宅配食を利用すれば、あなたはこれまで以上に「上手に手抜き」することができるんです。

3-1.無理して料理しなくてもいい

無理して料理しなくてもいい

宅配食を利用すれば、仕事が忙しくて帰りが遅くなった時や体調が優れない時、あなたが無理して料理する必要がありません。

夕食のリメイクや高齢者向けレシピと組み合わせて利用すれば、「余裕のある時は手作り料理、忙しい時や体調が思わしくない時は宅配食」というように、あなたのライフスタイルに合わせることができます。

このため、料理に対するストレスやプレッシャーを大幅に減らすことができます。

3-2.わざわざ買い物に行かなくてもいい

わざわざ買い物に行かなくてもいい

宅配食を利用すれば、食材の買い物をする必要もありません。

買い物に行かなくてもいいから、重たいエコバッグを持ち運ばなくてもいいし、食材探しでスーパーをウロウロする必要もありません。

また、買い物時間を短縮することができるので、時間的にも精神的にも余裕をもって毎日を過ごすことができます。

3-3.やわらかさが選べる

やわらかさが選べる

高齢者向け宅配食では、食事のやわらかさを選べるところがあります。

やわらかさを選ぶことができれば、あなたがレシピとにらめっこしながら試行錯誤を繰り返す必要もありません。

また、食べにくかったり、飲み込むことが難しかったりした場合でも、あなたがやわらかさを調整に苦労することなく、スグに簡単に切り替えることができます。

3-4.子供に無理強いしなくてもいい

子供に無理強いしなくてもいい

宅配食を利用すれば、子供のメニューと、おじいちゃんおばあちゃんのメニューを分けることができます。

メニューを分けることができれば、焼き肉、唐揚げ、炒め物、ハンバーグ、カレーなど、子供が大好きな洋食メニューを我慢させる必要もありません。

逆に、おじいちゃんおばあちゃんにも、脂っこいメニューを無理して食べてもらう必要がないので、食の好みの違いによるストレスを減らすことができます。

3-5.栄養バランスを考えなくてもいい

栄養バランスを考えなくてもいい

高齢者向け宅配食の多くは、栄養士がメニューを考えています。

カロリーはもちろん、栄養バランスにも配慮されているメニューなので、レトルト食品のように「好きなものばかり食べて栄養バランスが崩れちゃう」なんてことも防げます。

また、彩りや味付けなども高齢者が美味しく食べられるように工夫されているので、食事を残されてあなたがストレスを感じることもなくなります。

4.高齢者向け宅配食を選ぶポイント

高齢者向けの宅配食にはいろいろな種類があるため、どのサービスを選んだらいいのか分からず迷ってしまうケースが多いのが現実です。

とはいえ、これまで紹介してきた

  • 夕食のリメイク
  • 高齢者向けレシピ

と組み合わせ上手に手抜きすることが前提なら、宅配食選びに迷うことはありません。

私が「コレ、いいな!」って思う宅配食を選ぶポイント。

ひとつひとつチェックしてみてください。

4-1.冷凍状態で届く

冷凍状態で届く

宅配食には、冷蔵状態で届くものと冷凍状態で届くものがあります。

宅配食を毎日食べることが前提なら冷蔵状態がおすすめですが、手作りと組み合わせ利用することが前提なら「冷凍状態」が圧倒的におすすめです。

冷凍状態の宅配食なら、その日までに食べきる必要がなく、好きな時にレンジでチンするだけでスグに食べることができます。

また、冷蔵状態と違い冷凍庫で長期保存することができるので、「冷凍室にあれとあれがあるから、今日は温めるだけでOK」という安心感も手に入れることもできます。

4-2.栄養士が常駐している

栄養士が常駐している

宅配食を提供している業者には、栄養士が常駐しているところと常駐していないところがあります。

一般的な宅配食であれば、とくに気にする必要がありませんが、高齢者向け宅配食に限っては栄養士が常駐している業者を選ぶことをおすすめします。

というのも、高齢者の食事は、加齢による食欲の低下はもちろんのこと、飲み込む力や味覚が低下することで食が細り、栄養素の吸収力が低下するなどのリスクがつきもの。

そんな時、気軽に相談できる専門家がいるのといないのでは、あなたの精神的プレッシャーに大きな違いが生まれるからです。

また、たくさんの高齢者の食事作りを経験している専門家のアドバイスがあれば、あなたの栄養バランスや食材に関する知識が豊かになる効果も期待できます。

4-3.全国発送可能

全国発送可能

宅配便の配達方法には、自社スタッフによるお届けと宅配便によるお届けがあります。

もし、あなたが昼間自宅にいることが難しいなら、宅配便でのお届けに対応しているところがおすすめです。

宅配便によるお届けなら、お届け時間帯の指定ができるので、あなたのスケジュールに合わせ都合のいい時間帯に届けてもらうことができます。

また、全国どこでも配達が可能なので「エリア外で使えない!」っていうこともありません。

さらに、全国どこでも配達してくれるから、「離れて暮らす両親のために…」なんていう使い方も可能です。

5.目的別おすすめ高齢者宅配食セレクション

これまで紹介してきた「高齢者向け宅配食を選ぶポイント」を参考に、自信をもっておすすめできる宅配食をあなたの目的別に紹介します。

■やわらかい食事なら「やわらかダイニング」

やわらかダイニングは、「噛む力や飲み込む力が弱くなってきた高齢者」におすすめの宅配食です。

やわらかダイニング最大の特徴は、やわらかさが選べること。

ちょっとやわらかめからムース食まで、好きなやわらかさを自由に選ぶことができるから、祖父や祖母に「食事がかたくて食べられない」なんてツラい思いをさせちゃうこともないんです。

もちろん、管理栄養士が考えたメニューで栄養バランスもバッチリだから、あなたが献立で悩むこともない。

つまり、やわらかダイニングを利用すれば、あなたは「やわらかい食事作りを上手に手抜き」することができるんです。

しかも、冷凍お届けや栄養士常駐など、これまで紹介した「高齢者向け宅配食を選ぶポイント」もすべてクリアする充実ぶり。

さらに、「初回送料が無料」なので、気軽に試すことも可能です。

2.やわらかダイニングの基本情報

商品代金1食710円~
送料初回無料
2回目以降は700円
(定期は半額)
コース3種類のやわらかコース
・ちょっとやわらかめ宅配食
・かなりやわらかめ宅配食
・ムースやわらか宅配食
注文単位7食、14食、21食
注文ネット注文、電話
配達日注文から5日前後でお届け
配達エリア全国
支払い郵便振替、コンビニ払い、代金引換、クレジットカード
賞味期限冷凍3ヶ月以上

▼やわらかダイニングの注文はこちらから▼

■美味しさと安全性なら「わんまいる」

わんまいるは、「食材の美味しさや安全性にこだわりたい高齢者」におすすめの宅配食です。

最大のおすすめポイントは、食材へのこだわり。

  • 合成保存料、合成着色料不使用
  • 野菜などの主原料は国産100%
  • ブランド豚やブランド鶏、国産牛を使用
  • プロの目利きが厳選した新鮮で良質な魚介類
  • 老舗の仕出料理専門店に限定して調理を委託

など、一般的な宅配食メーカーよりワンランク上の食材を使っているから、「宅配食はまずくて物足りない」なんて文句を言われる心配もありません。

しかも、

  • 日経DUAL食材宅配ランキング2016品質と味で1位
  • 経済産業省や農林水産省のホームページで紹介

など、第三者による客観的な評価も高いので、安心して利用することができるのも見逃せないポイント。

ワンランク上の安全で美味しい食事で満足してもらいたいなら、わんまいるは絶対におすすめです。

▼わんまいるの注文はこちからから▼

■送料無料なら「ヨシケイの冷凍弁当(楽らく味彩)」

ヨシケイは、「宅配食は送料がかかるから…」と感じている人におすすめの宅配食です。

最大の特徴は、全国どこでも送料無料で利用できること。

特に、北海道、九州、沖縄など送料が高い地域にお住まいの方には、料金面でのメリットがとっても大きくなります。

さらに、お届け当日の朝5時まで注文できるから、急に宅配食が必要になった時でも配達してもらうことも可能。

スマホを使って、簡単に注文することができるから、離れて暮らす両親のための宅配食としても、とっても使い勝手がいいんです。

キャンペーンを利用すれば、初回注文は「50パーセント割引」で手に入れることもできちゃう。

宅配食をできるだけ安く利用したいなら、「送料無料のヨシケイ」ホントおすすめです。

▼ヨシケイの注文はこちからから▼


(※ご注意!ここで紹介しているデータは、2018年03月25日時点での独自による調査結果です。各データは、必ず運営会社発表のものと照合しご確認ください)

■いま注目度急上昇の料理キット!糖質制限プログラム「 ナッシュ」

▼ナッシュの申し込みはこちらから▼

ナッシュは、「簡単!しかも手軽に糖質制限ができる」サービスとして、TVや新聞などでも紹介されている話題の食材宅配です。

  • ・糖質30g以下
  • ・たんぱく質15g以上
  • ・塩分2.5g以下

というヘルシーメニューなので、血糖値や血圧が高い方はもちろんのこと、「糖質制限の食事で体質改善をしたい!」、「食生活を見直して生活習慣病を予防したい!」と考えている人にもおすすめのサービスです。

低糖質、高たんぱく質、低塩分のヘルシーメニューといえば「美味しくない!」、「病院食みたい…」という印象を持つことが一般的。

しかし、ナッシュでは「経験豊富な栄養管理士」と「20年以上の経験のあるシェフ」がタッグを組むことによって、「美味しく飽きのこない味付け」を常に追求しています。

さらに、

  • ・国産野菜を使用
  • ・砂糖未使用
  • ・すべて手作り

など、産地や製造にこだわっているにもかかわらず、値段はとってもリーズナブル。

「1食548円~」という糖質制限食としてはとってもお手頃価格なので、これまで値段が気になっていた人でも安心して試すことができます。

さらに、あなたが自由にメニューを選ぶことができるので、「これ、このあいだ食べたばかり…」とガッカリする可能性もゼロ。

しかも、メニューの中には、低糖質のドーナツやロールケーキなども含まれているので、夕食後のデザートも楽しむことができます。

糖質制限を続けるためには、「無理をしない」ことがとっても重要。

「自己流では、なかなかうまくいかない…」と感じているなら、科学的根拠に基づいたナッシュのヘルシーメニュー!おすすめです。

▼ナッシュの申し込みはこちらから▼

ナッシュ利用者生の声

▼ナッシュの申し込みはこちらから▼

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加