平均より高い?食費が減らない理由と食費節約のコツ教えます

平均より高い?食費が減らない理由と食費節約のコツ教えます

どれだけ頑張っても減らない食費…。

「やりくりしたり、切り詰めたりはしているんけど、毎月毎月食費が赤字でイヤになる」っていう人、意外と多いんですよね。

でも、世の中にはちゃんと食費を管理し、上手にやりくりしている主婦がたくさんいることも事実。

しかも、仕事や育児もちゃんとこなしながら、食費を節約している主婦も少なくありません。

では、食費を減らせない人と、食費を管理し節約できる人には、いったいどんな違いがあるのでしょう。

食費が減らない理由や食費を節約する方法を紹介しながら、その違いを明らかにしてみたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

1.食費が減らない理由

「食費が減らない…」と嘆いている人の多くは、セール品や特売品など「目先の節約」ばかりに振り回されてしまいがちです。

しかし、食費が減らない本当の理由は、毎日当たり前のように繰り返される「あなたの生活習慣」に問題が潜んでいることが多いんです。

では、食費が減らない人特有の生活習慣には、いったいどのようなものがあるのでしょう。

代表的なものを紹介していくので、心当たりがないか?チェックしてください。

1-1.外食

外食

あなたが当たり前だと思っている価値観や生活スタイルが、じつは食費を圧迫していることがあります。

たとえば「休日の外食」

ショッピングや遊びに出掛けたついでに外食するのは当然のことかもしれませんが、頻繁になれば家計に与える影響も大きくなります。

食費のことを考え、ファミレスや回転寿司など庶民店な店を選んだとしても、自炊に比べれば家計への負担は大きくなります。

習慣になってしまった外食って、なかなかやめられないもの。

「平日は頑張っているから、休日くらいは…」

「たまには、主婦を休みたい…」

無計画のどんぶり勘定の外食では、食費が減らないのは当然のことです。

1-2.買いすぎ

買いすぎ

食費を減らしたいと考えた時、真っ先に頭に浮かぶのが、セール品や特売品のまとめ買い。

しかし、食材の買いすぎは、食材を使い切ることができず、結局捨ててしまうケースが少なくありません。

料理をまとめて作って冷凍保存する方法もありますが、長期保存すると化石のような状態になって食べられなくなることがあります。

また、冷凍庫がパンパンになると電気代もかかるため、「食べられない食材に冷凍庫を占領され、電気代は余計にかかる」という悪循環になることもあります。

1-3.献立ありきの買い物

献立ありきの買い物

家族の健康や栄養バランスを考えながら「今夜、何にしようかな?」と考える夕食のメニュー。

でも、「献立ありきの買い物」では、買い揃える食材が増えるのは当然のこと。

しかも、特売品やセール品を狙って買うことができないため、レシートを見て「思ったより高くて予算オーバー!」なんてケースも少なくありません。

また、買い揃える食材の中には、一度に使い切ることができないものも含まれています。

「冷蔵庫の中の食材ありきの買い物」ができなければ、無駄な買い物や捨てる食材が増えてしまうのは、仕方のないことかもしれません。

1-4.ついで買い

ついで買い

食費を減らそうと思い工夫しているつもりが、じつは意外とそうではないケースがあります。

たとえば、セール品や特売品のついで買い。

安いからといって食べきれない量の食材を買っていては、結局使わずじまいになってしまう可能性が高くなります。

また、お酒、ジュース、お菓子、アイス、果物などの嗜好品のついで買いにも注意が必要。

安いことを言い訳にして、「衝動買い」を繰り返していては食費を節安することは難しいでしょう。

1-5.美味しいものを食べたい

美味しいものを食べたい

「高級食材ではなくてもいいけど、食べて美味しいと思えるものを食べたい」

「好きなものを食べるのがストレス発散」

「家族に美味しい料理を食べさせたい」

このように思えば思うほど、選ぶ食材の値段は自然と上がっていきます。

それに、手間をかけなくても美味しい料理が作れるワンランク上の肉や魚は、忙しい主婦には本当にありがたい存在。

けっして贅沢しているわけではありませんが、そのちょっとした差の積み重ねが家計には大きな負担となってきます。

1-6..健康志向が強い

健康志向が強い

「食べ物は、血となり、骨となり、内臓をつくるもの」

年齢を重ねれば重ねるほど、健康への意識が高まり「バランスのとれた良質の食事」を心がけたいと思うのは当然のことです。

とはいえ、オーガニック、無農薬、国産、産地限定など、食材や調味料にこだわり始めたら食費は、どんどん高くなります。

長い目で見て、医療費込みだと考えられれば話は熱ですが、添加物などを避ければ避けるほど、高い食費を避けることは難しくなります。

1-7.料理を手抜きしたい

料理を手抜きしたい

仕事で疲れた時…、体調が思わしくない時…、忙しくて時間がない時…。

仕事と家事を両立しながら毎日頑張っている平均的な主婦であれば、

「今日だけは手抜きさせて!」、「冷凍食品で勘弁して!」、「お惣菜でいいでしょ!」

などと考えてしまうのは当然のことです。

しかし、レトルトや冷凍食品、惣菜は値段が割高。

手作りと同じようなメニューを用意しても、食費に換算すれば家計に与えるダメージは大きくなります。

また、レトルトや冷凍食品、惣菜は、ボリュームが少なめ。

食べ盛りの子供がいる家庭では、家計への影響はさらに深刻になります。

1-8.節約雑誌の情報を鵜呑みにしている

節約雑誌の情報を鵜呑みにしている

食費節約の目標や目安になる節約雑誌の情報。

しかし、書かれていることが全部本当だと思い込み鵜呑みにするのは、危険な兆候かもしれません。

体験談を読んで出来るような気持ちになってしまうのは仕方のないことかもしれませんが、特殊な環境も含まれている可能性を考慮できなければ、結局あなたは翻弄されるだけ…。

「そんな値段はありえない」

「どう考えても量が足りない」

「そんな時間に買い物いけない」

節約雑誌の情報は、あくまでもイメージのひとつ。

あなたが同じように、食費を節約できるとは限りません。

2.食費を節約する方法

食費が減らない理由について理解を深めたところで、次は具体的な節約術について考えてみましょう。

代表的な節約術を紹介するので、あなたが実践できそうなものがあるか?チェックしてみてください。

2-1.料理に手間をかける

料理に手間をかける

料理が得意で時間に余裕のある人に、おすすめの方法です。

  • ランチをやめてお弁当を作る
  • ホームベーカリーで自家製パン
  • アイスクリームやかき氷は手作り
  • お好み焼きや焼きそばはホットプレート
  • 餃子は冷凍商品ではなく自分で包んで作る

など、手間を惜しまず手作りすることで、食費を安く抑えることができます。

ただし、手作り料理を継続するためには、それなりの時間が必要です。

このため、共働き世帯など毎日忙しい主婦が実践した場合、生活サイクルが乱れ体調を壊したり精神的ストレスが大きくなる可能性があります。

2-2.複数のスーパーで買い物する

複数のスーパーで買い物する

車を持っていて、移動が簡単にできる人におすすめの方法です。

複数のスーパーを利用すれば、それぞれのスーパーの特売品やセール品を手に入れることができるので、ひとつのスーパーで買い物する場合に比べ食費を安く抑えることができます。

ただし、たくさんのスーパーをはしごしたり、遠くのスーパーまで買い物して特売品やセール品を効率よく手に入れるためには、時間に余裕があることが大前提になります。

また、移動距離が長くなれば、ガソリン代など食費以外の経費が増える可能性もあります。

2-3.メニューを工夫する

メニューを工夫する

料理が好きな人に、おすすめの方法です。

  • 折込広告のチラシやホームページの特売品を見て、献立を考える
  • 料理によって、国産と外国産を使い分ける
  • ネットレシピなどを利用し、もやし料理、豆腐調理などお財布に優しい料理のレパートリーを増やす
  • うどんや焼きそばなど、食費がかからないメニューを増やす
  • 冷蔵庫の中身だけで作れる献立を考える

など、割安な食材を無駄なく利用することによって、食費を節約することができます。

ただし、食材を無駄なく使い切るためには、料理の腕はもちろんのこと、料理センスが重要になります。

また、値段の安い食材は炭水化物が多くなりがちなので、栄養バランスへの配慮も必要です。

2-4.食材のまとめ買い

食材のまとめ買い

毎日買い物に行くことができない人におすすめの方法です。

冷凍カット野菜、パスタ、餃子、うどん、ハンバーグなどの冷凍食品やお菓子や麺類など長期保存ができる食材などは、特売日を狙ってまとめ買いすることにより、食費を節約することができます。

また、業務用スーパーなどで売られている「肉の1キロパック」などをまとめ買いし小分けして冷凍すれば、肉も格安価格で手に入れることもできます。

ただし、冷凍食品は長期保存ができるとはいえ、いつまでも保存できるわかではありません。

食べきれない程のまとめ買いは、時間の経過とともに食材の鮮度が落ちたり、使いきれず捨ててしまう結果になるケースもあります。

また、「賞味期限内に食べないと…」という思いがあると、食べ過ぎたり使いすぎてしまうリスクがあります。

2-5.食費以外を削る

食費以外を削る

すでに食費を節約していて、「これ以上は難しいかな?」と感じている人におすすめの方法です。

  • 外食、喫茶代(交際費)
  • 保険
  • スマホ料金
  • お酒
  • おやつ、お菓子
  • ウォーターサーバー

など、あなたの価値観の中で食費より優先順位が低いものがあれば、削れるものがないか?見直していきます。

ただし、極端な見直しは、生活がギスギスしたり我慢することによりストレスが増す可能性があります。

また、交際費など、あなたの意思だけではどうしようもない不可抗力要素が含まれる場合には、思ったような効果が得られない可能性もあります。

2-6.予算を決める

予算を決める

衝動買いやついで買いが多い人に、おすすめの方法です。

  1. 家計簿をつけ、何にどれくらい使っているのかを把握
  2. どの項目にどれくらい節約するのか?1週間ごと1日毎の予算(目標)を設定
  3. 食費を管理する財布を別(袋わけ家計)にし、余計なお金をお財布に入れないようにする
  4. 買い物の際には、「1つ=100円」を目安とする100円ルールや週の買い物回数を決めるなど、ルールを作り実践
  5. 追加でお金は入れず、お財布の中身だけで生活する

というサイクルを繰り返すことによって、どんぶり勘定からの卒業を目指します。

ただし、これまで家計簿をつけたことがない人にとっては、いちいち細かく記録したり分析したりすることは、「かなり面倒くさい」と感じてしまうかもしれません。

また、目標を守ろうとする意識が強すぎると、貧相な食生活になり食べる楽しみや生活の潤いが失われる可能性があります。

2-7.別にそのままでも…

別にそのままでも

「よそはよそ、家は家、それぞれの価値観や身の丈にあった食生活が一番いい」と考えられる人におすすめの方法です。

平均や常識に惑わされず

  • きちんとした食生活をされているならある程度の食費は仕方ない
  • 健康な身体があっての仕事なので、節約に追われてキリキリしたくない
  • 仕事を続ける上で仕方のない出費
  • 家計を圧迫するほど切迫していなければ、神経質になることもない
  • 質を落としたり、量を減らしてまで食費を抑えたくない

などと、考えることができるのであれば、無理して平均や常識に合わせる必要はありません。

ただし、あなたの価値観を食生活に反映するためには、旦那さんや家族の同意が必要不可欠。

旦那さんや家族の同意なしの行動は、「わがまま」、「身勝手」と受け取られ、夫婦関係や家族の絆にヒビが入ってしまう可能性が高いでしょう。

3.食費の節約を継続させる方法

これまで、たくさんの食費節約術を紹介してきましたが、どの方法にも致命的な欠点があります。

というのも、どの方法も、継続するためにはあなたが「頑張り続けないといけない」からです。

短期間であれば、頑張ることも可能でしょうし、多少無理をしてもなんとかなるかもしれません。

しかし、その「頑張り」を強い意思を持って1年2年と継続していくことは、並大抵の努力ではできません。

つまり、食費の節約がうまくいかない最大の理由は「我慢を続けられない」ことなんです。

食費の節約を継続させる方法

では、我慢することなく食費を節約するためには、いったいどうすればいいのでしょう。

私がおすすめしたいのは、「食費を節約するのではなく、食費を管理する」という意識を持つことです。

そして、食費を管理する方法として、ぜひ参考にしたいのが、貯金の王道「積立貯蓄」

給料から天引きされ、自動的にお金が貯まる仕組みのため、ストレスを感じることなく意思の弱い人でも続けやすい。

つまり、この仕組みを毎月の食費管理に活かせば、食費の節約も無理なく続けることができるんです。

食費を管理する具体的な仕組みとしては、食材宅配サービスの「料理キット(ミールキット)」や「食材詰め合わせセット」など、あらかじめ食費(料金)が決まっているサービスを利用するのが簡単で便利。

あらかじめ食費(料金)が決まっていれば、節約を意識して我慢したり頑張ったりする努力は必要ありません。

それに、宅配サービスなら、わざわざ買い物に行く必要もないから、「ついで買い」や「衝動買い」など、無駄な買い物による出費も節約することもできます。

さらに、野菜の高騰など突発的な価格の変化にも頭を悩ませることもありません。

つまり、食材宅配を利用すれば、積立貯蓄のように「無駄を省きながら無理なく食費を計画的に管理する」ことが簡単に実現できるんです。

無駄を省き節約しながら、無理なく食費を計画的に管理する

たしかに、食材宅配はスーパーの特売品やセール品に比べれば高いかもしれませんが、あらかじめ食費が把握できるのは、食費を管理する上では大きなメリットです。

そして、食費を管理する手間やプレッシャーからあなたを開放してくれるのも、見逃すことができないメリットです。

このため、「高いかも…」という思い込みだけで、「無駄を省き節約しながら、無理なく食費を計画的に管理できる」食材宅配サービスを無条件に選択肢から除いてしまうのは、必ずしも得策とはいえません。

つまり、選択肢の幅を広げれば広げるほど、あなたにピッタリの節約術が見つかる可能性は高まるんです。

我慢し続けて節約するだけのライフスタイルが、あなたにとって本当に幸せなのでしょうか?

これから紹介する情報を参考に、あなたが手に入れられるメリットをイメージしながら、あなたが望んでいるライフスタイルはどんなものなのか?冷静に考えてみてください。

4.目的別「食材宅配サービス」セレクション

「食材宅配サービス」には、各社それぞれ特徴があり、どのサービスがおすすめなのかは、あなたのライフスタイルや価値観によって変わってきます。

ここでは、今人気の料理キットや食材詰め合わせセットをピックアップし、おすすめポイントについて紹介していきます。

なお、人気サービスの中には、期間限定特典や通常価格の半額で利用できるサービスも含まれています。

複数のお試しセットを申し込んで比較することも可能なので、気になるサービスがあったら、申し込んでみてください。

■毎月の食費を一定にしたいなら「ヨシケイ」

ヨシケイは、「無理なく毎月の食費を一定にしたい人」におすすめの食材宅配サービスです。

ヨシケイを利用すれば、食費の管理はもちろん、料理が苦手な人でもカロリーや栄養バランスが考慮された日替わりメニューを簡単に作ることができます。

ヨシケイ最大の特徴は、すべての料理キットを「送料無料」で届けてくれること。

一般的な食材宅配サービスとは違い、「商品代金だけ」で利用することができるため、料金が分かりやすく家計簿なしで食費も管理をすることも可能です。

気になる料金は、メニューによって異なりますが「1人1食あたり約500円~、4人家族で週5日で月額約3万円~」が目安。

しかも、市場価格の影響を受けることなく料金が一定なので「今月はスーパーの野菜が高くて…」なんて頭を抱える苦労もありません。

なお、お試し特典を利用すれば、「15年以上続く人気のメニュー」が1食あたり300円の特別価格で試食することができます。

ヨシケイの基本情報


お試しセット料金人気メニュー夕食ネット支払い方法
あり地域によって異なるライフスタイルに応じ豊富なメニュー
3つのコース詳しくはこちら
お届け時間指定留め置きお届け(エリア、配送日など)ポイントサービスメリット、デメリット
送料は無料300アイテムを超える商品と交換可能夕食材料に特化した地域密着型の食材宅配

▼ヨシケイのお試しセット申し込みはこちらから▼

■外食を減らしたいなら「TastyTable(テイスティテーブル)」

テイスティテーブルは、「おうちをレストランに変える」がコンセプトの、ちょっとお洒落な食材宅配サービスです。

テイスティテーブルを利用すれば、食費を節約しながら、高級レストランで食べるようなワンランク上のお洒落な料理を自宅で食べることができます。

最大の特徴は、「土日だけ利用することが基本の料理キット」ということ。

このため、テイスティテーブルを利用すれば、休日の外食を減らし食費を節約する効果が期待できます。

料金は、1人1食あたり1500円と決して安くありませんが、レストランで食事することを考えればかなり割安。

しかも、どのメニューでも料金は同じなので、食費の管理はシンプルかつ簡単です。

プロの料理人が監修した、舌だけでなく目でも楽しむことができる料理の数々。

「平日は節約、休日はプチ贅沢」というメリハリのある使い方もおすすめです。

▼ティスティーテーブルの申し込みはこちらから▼

■共働き世帯には「オイシックス」

オイシックスは、「昼間自宅にいることが少なく、毎日忙しい共働き世帯」におすすめの食材宅配サービスです。

オイシックスを利用すれば、食費の管理とともに、時間を効率的に使うことができます。

最大の特徴は、「土日や夜間でも配達してくれる」こと。

土日や夜間を含む「お届け日時」を指定することができるので、仕事で帰りが遅くなる時でもスーパーに立ち寄ることなく、自宅で新鮮な食材を受け取ることができます。

さらに、オイシックスでは料理キットも充実。

累計900万個突破している料理キット「キットオイシックス」を利用すれば、たったの20分で見た目も味も納得の夕食が作れます。

これなら、残業で帰りが遅くなっても、割高な外食やお惣菜に頼ることなく、美味しくて温かい手作り料理で食費も節約できますよね。

オイシックスでは、「初めての方限定!」で、料理キットや人気の新鮮食材を「お試しセット」として特別価格で提供中。

お試しセットには、オイシックスでしか手に入れることができない「オリジナル食材」も含まれているので、気になる人はチェックしてみてください。

オイシックスの基本情報

入会特典料金送料お届け方法注文方法
クーポンプレゼントなど入会金や年会費は無料2つの系統がありヤマト便と専用車インターネットでの注文が原則
おすすめ商品おいしっくすくらぶとは牛乳飲み放題支払い方法放射能検査
オイシックス殿堂入り商品などサービス内容が優遇ヨーグルトも対象商品いろいろな方法に対応ベビー&キッズ商品は不検出

▼オイシックスお試しセットの申し込みはこちらから▼

■食の美味しさと安全にこだわるなら「大地を守る会」

大地を守る会は、

  • 無農薬、有機野菜
  • 化学調味料や食品添加物は原則不使用
  • 厳しい放射性物質検査体制

など、食材の安全性や食材本来の美味しさにこだわりたい人におすすめの食材宅配サービスです。

大地を守る会を利用すれば、きちんと食費を管理しながら、ワンランク上の食生活を楽しむことができます。

大地を守る会の野菜へのこだわりは、食材宅配随一。

「農薬に頼ることなく育てられ、野菜本来の美味しさが味わえる」大地を守る会の野菜は、利用者の約96パーセントが味に満足しているという驚くべき調査結果も出ています。

「こだわり野菜が多いと、値段が…」と思うかもしれませんが、お得な定期ボックスを利用すれば、食材に欠かせない定番食材のセット(15品前後)が「4800円~5800円」程度。

「月20000円」程度で、毎週美味しくて安全性の高い食材が簡単に手に入れることができるのは、家族の健康を考えるならむしろ安い投資だと思います。

実際に、濃い野菜の味を味わってみたい人には、旬の食材を厳選した「お試しセット」がおすすめ。

お試しセットを利用すれば、身体が喜ぶ旬の野菜を「50パーセントオフの特別価格」で手に入れることができます。

▼大地を守る会お試しセットの申し込みはこちらから▼

(※ご注意!ここで紹介しているデータは、2018年04月18日時点での独自による調査結果です。各データは、必ず運営会社発表のものと照合しご確認ください)

『自宅をレストランに』をコンセプトにした、毎週こだわり食材とレシピが届く定期宅配サービス

■いま注目度急上昇の料理キット

『自宅をレストランに』をコンセプトにした、毎週こだわり食材とレシピが届く「魅せる食材キット【TastyTable】

プロ監修のレシピ、食材と調味量も使い切りの分量で誰でも必ず美味しい料理が作れます。

また、写真をインスタに上げたくなる『魅せる食材キット』として、日経トレンディ2017年ヒット商品予想第2位に選ばれたことからも、その注文度の高さがうかがえます。

▼おうちをレストランに変える食材キット▼

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加