オリーブオイルは何がいいの?肌や美容を気にする女性のためのオリーブオイルの得する話

あなたは、オリーブオイルが女性にとってメリットの多い油であることを知っていますか。

そして、女性にとって「若くいたい」、「美しくなりたい」という願いを叶えてくれる油であることを知っていますか。

これは、私にとってとっても不思議なことなんですが、化粧品やお肌のケアを気にしている女性でも、お肌の土台となる食品や食品の栄養成分を気にしていないケースはけっして少なくありません。

食品や栄養成分について気にしないことは、とっても残念でもったいないことですし、お肌が美容のことが気になっている女性なら、体の中に摂り入れるものにもこだわりたいものですよね。

というわけで、今回は、オリーブオイルの効果効能はもちろんのこと、オリーブオイルとお肌や美容との関係についても、分かりやすくご紹介していきます。

体の外側だけでなく、体の内側からもお肌をケアしたいと考えている人は、必ずチェックしてくださいね。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

1.オリーブオイルは、あなたのお肌を守る効果のある油

オリーブオイルには、あなたのお肌を守る効果があります。

では、オリーブオイルに含まれている、お肌を守る効果がある成分について、順にご紹介していきます。

1-1.ビタミンEの美肌効果

ビタミンEは、別名「若返りのビタミン」と呼ばれ、抗酸化作用を持つビタミンです。

抗酸化作用とは、アンチエイジングに必要不可欠といえるもので、お肌が老化し衰えるのを保護し、シミやシワを防いでくれます。

そして、オリーブオイルには、このビタミンEが他の食用油と比較して、約3~5倍含まれています。

つまり、オリーブオイルは、お肌に有効な「若返りのビタミン」をたくさん摂り入れることができる油なんです。

1-2.ステアリン酸の美肌効果

オリーブオイルには、ステアリン酸と呼ばれる、石鹸や化粧品に用いられている成分も含まれています。

ステアリン酸は、ビタミンEと同じく、抗酸化作用があり、お肌の保湿や抗菌効果が期待できます。

1-3.オレイン酸の美肌効果

オリーブオイルには、人の皮脂に似た成分といわれているオレイン酸が、70パーセント以上も含まれています。

このため、オレイン酸によるお肌へのいい効果が他の食用油よりも期待できるというメリットがあります。

そして、オレイン酸を肌に塗ると皮脂の役目をしてくれるので、皮脂を補い乾燥による小じわやくすみ、肌色の悪さなどを解消してくれます。

1-4.オリーブオイルを使ったオリーブ美容法

オリーブオイルを使ったお肌のケアの方法には、オリーブオイルを直接肌に塗る「オリーブ美容法」と呼ばれる方法があります。

これまでご紹介したとおり、オリーブオイルにはお肌にいろいろなメリットがありますが、オリーブ美容法を行う際には、質のいいオリーブオイルを使うことが必須条件になります。

オリーブ美容法におすすめのオリーブオイルとしては、なんといってもエクストラバージンオリーブオイルです。

エクストラバージンオリーブオイルは、果実を搾っただけの自然の恵み100パーセントで精製など余計な手が加えられていないため、ミネラル分も豊富でお肌のトラブルも少ないでしょう。

2.オリーブオイルは体の内側からの美容効果もあり

一般的な化粧品やコスメは、お手入れやケアが体の外側からしかできません。

しかし、オリーブオイルは、体の外側だけでなく内側からもお手入れやケアすることができるんです。

2-1.オレイン酸の美容効果

オリーブオイルの多く含まれるオレイン酸には、健康な体の土台作りとしての効果もあります。

なぜならば、オレイン酸は、悪玉コレステロールを減らし血液をサラサラにする効果があるからです。

血液がサラサラになることにより血流を促進してくれるので、お肌の新陳代謝を活発にしてくれる効果が期待できます。

2-2.ビタミンEの美容効果

ビタミンEには、肌や脳はもちろん、体全体の老化を遅らせる効果があります。

このため、ビタミンEを多く含むオリーブオイルを体に摂り入れることにより、若々しく健康な体を維持する効果ができます。

2-3.クロロフィルの美容効果

クロロフィルには、ニキビや吹き出物の炎症を鎮める効果があります。

このため、万が一肌荒れやお肌のトラブルに見舞われた場合でも、オリーブオイルを使うことにより、その影響を軽減することができるでしょう。

3.オリーブオイルは便秘解消にも効果あり

便秘とお肌のトラブルとは、密接な関係があります。

便秘になった時、肌の張りやツヤが無くなったり、ニキビ、肌荒れ、くすみなどのお肌のトラブルに見舞われた経験があるのではないでしょうか。

オリーブオイルは、別名「自然界の下剤」といわれる便秘解消効果が期待できる油です。

その理由としては、オレイン酸と不溶性食物繊維が多く含まれていることがあげられます。

3-1.オレイン酸の便秘解消効果

オレイン酸には、便を柔らかくする効果があります。

このため、オレイン酸を多く含むオリーブオイルを飲むことにより、便秘解消効果が期待できます。

なお、「ぜん動運動」と呼ばれる、便やガスを排出する働きが最も活発に行わるのは朝です。

このため、便秘解消を目的にオリーブオイルを飲む場合には、朝に飲むのが効果的でしょう。

3-2.不溶性食物繊維の便秘解消効果

オリーブオイルに含まれている不溶性食物繊維は、果物や野菜に含まれている成分で、特にごぼうに多く含まれています。

不溶性食物繊維を体に摂り入れるこににより、腸を内側から刺激し、ぜん動運動を活発にし排便効果を促進します。

また、便秘にありがちなコロコロした便を、水分を含んだ適度な柔らかさのある便に変化させる効果も期待できます。

4.オリーブオイル使う時に注意して欲しいこと

オリーブオイルをお料理などに使って体に摂り入れようとする時、注意して欲しいことがあります。

それは、油を加熱することによる酸化の影響です。

油の酸化が進むと過酸化脂質が生成され、過酸化脂質は細胞膜やDNAを傷付けて発ガンの危険を高めたり、動脈硬化の原因になったりしまいます。

つまり、油を加熱して使うことは、私たちの体にとって有害となる行為なんです。

4-1.オリーブオイルは加熱しても大丈夫

一般的な食用油は、揚げ物や炒め物などで160度以上に加熱すると酸化が進行するといわれています。

しかし、オリーブオイルは180度に加熱した場合でも極端に加熱する時間が長くならなければ、ほとんど酸化しません。

つまり、オリーブオイルは一般的な食用油と比較し加熱による酸化に対する強い耐性を備えているため、油の酸化による危険性が非常に少ない油なんです。

また、一般的な食用油は揚げ物料理の際、食材の中に油が浸透していってしまいますが、オリーブオイルは油が食材の表面に留まり浸透しにくいという特徴があります。

このため、オリーブオイルは揚げ物が油っぽくなりにくくなるのはもちろんのこと、余分な油の摂取を防ぐ効果も期待できるんです。

4-2.オリーブオイルを加熱する際の注意点

とはいえ、オリーブオイルも他の食用油と同様に、加熱することによって体にいい効果が低下してしまうのは事実です。

オリーブオイルの中でも、特にエキストラバージンオリーブオイルは含まれている成分がデリケートで壊れやすく、加熱することによってたくさんの栄養素が破壊されてしまいます。

このため、オリーブオイルを加熱料理に使う際には、エキストラバージンオイルではなく、普通のオリーブオイルを選んだ方がデメリットが小さく、お財布にも優しい賢い使い方だといえるでしょう。

5.まとめ

いかがでしたか?

オリーブオイルは、女性にとってメリットの多い油であることが、お分かりいただけたはずです。

そして、お肌のアンチエイジングや美容について意識している女性にとって必要な油であることもご理解いただけたはずです。

毎日のお料理で使う油だからこそ、良くも悪くもあなたの体に与える影響は決して小さくありません。

オリーブオイルを賢く使って、体の内側からも外側からも綺麗で魅力的な女性になってくださいね。

なお、オリーブオイルの健康効果については、「なぜオリーブオイルは健康的な油?オリーブオイルの健康効果に関する得する話」で、詳しくご紹介しているので、ぜひこちらもぜひ参考にしてみてください。

◆その他の食用油との比較一覧はこちらから

『自宅をレストランに』をコンセプトにした、毎週こだわり食材とレシピが届く定期宅配サービス

■いま注目度急上昇の料理キット

『自宅をレストランに』をコンセプトにした、毎週こだわり食材とレシピが届く「魅せる食材キット【TastyTable】

プロ監修のレシピ、食材と調味量も使い切りの分量で誰でも必ず美味しい料理が作れます。

また、写真をインスタに上げたくなる『魅せる食材キット』として、日経トレンディ2017年ヒット商品予想第2位に選ばれたことからも、その注文度の高さがうかがえます。

▼おうちをレストランに変える食材キット▼

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です