健康にいい宅配野菜はどこ?宅配野菜の農薬基準の違いについて比較してみた結果

宅配野菜の農薬基準

あなたは、スーパーに売られている野菜にどれくらいの農薬が使われているのか、考えてみたことはありますか。

そして、野菜の残留農薬の危険性について、考えてみたことはありますか。

宅配野菜会社の中には、厚生労働省が定める残留基準よりも厳しい基準で検査を実施していたり、有機野菜や無農薬野菜を数多く取り扱っているところもあります。

残留農薬による健康被害を避けるためには、より安全性の高い野菜を取り扱っている宅配野菜会社を利用するのが、賢い選択ですよね。

というわけで、今回は、人気の宅配野菜会社の農薬基準について比較調査し、結果をまとめてみました。

一見、割高に思える宅配野菜会社でも、農薬に対する対策がしっかりしている宅配野菜会社もあるので、必ず最後までチェックしてくださいね。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

1.宅配野菜会社の農薬や肥料に対する考え方

今回、比較調査した農薬基準に関するポイントは、次のとおりです。

1-1.農薬の使用

 オイシックスらでぃっしゅぼーや大地を守る会ミレー九州野菜王国
農薬使用しないことを目指し、出来る限り農薬を抑えて栽培人が病気のときに飲む薬のように「仕方なく」使う。極力使用しないできる限り使いません必要最低限の量に抑える

今回、比較調査した宅配野菜会社のすべてが、表現は多少異なるものの、「出来る限り使わない」というスタンスでした。

ただし、「出来る限り」をいう表現はとっても抽象的で、解釈の仕方によっては、意味が大きく異なるケースがあることも、覚えておきたいと感じました。

1-2.化学肥料の使用

 オイシックスらでぃっしゅぼーや大地を守る会ミレー九州野菜王国
化学肥料極力使用しません極力抑える極力使用しないできる限り使いません必要最低限の量に抑える

化学肥料についても、農薬と同じように、すべての宅配野菜会社において、「出来る限り使わない」というスタンスでした。

1-3.除草剤の使用

 オイシックスらでぃっしゅぼーや大地を守る会ミレー九州野菜王国
除草剤必要最小限の使用を除き原則禁止使わない使用しない確認できず確認できず

除草剤については、「らでぃっしゅぼーや」と「大地を守る会」が、もっとも厳しい管理を行っていました。

そして、「オイシックス」では、「原則禁止」という「出来る限り使わない」というようなニュアンスの表現をしていました。

なお、「ミレー」と「九州野菜王国」については、記載を確認することができなかったため、農薬や化学肥料と同様の対応ではないかと推測しています。

1-4.農薬や化学肥料の基準値

 オイシックスらでぃっしゅぼーや大地を守る会ミレー九州野菜王国
残留農薬基準有機JAS認定栽培であること、栽培期間中当該地域慣行栽培の5割以下にすることを基準独自の商品取扱基準RADIX大地を守る会有機農産物等生産基準をクリアしたもの一般的な基準の50パーセント以下に節減した特別栽培農産物地域慣行栽培の基準に対して、農薬・化学肥料の窒素成分量の使用を3割以上減抑えたものを最低の基準

「オイシックス」と「九州野菜王国」は、地方自治体が定めた地域慣行栽培基準を、より厳しくした値を基準値にしていました。

「らでぃっしゅぼーや」、「大地を守る会」、「ミレー」は、地方自治体が定めた地域慣行栽培基準に加え、独自の基準値を設けることによって、安全性を高めています。

1-4-1.地域慣行栽培基準とは

地域慣行栽培基準とは、地方自治体が定めている農薬の使用回数や化学肥料の窒素成分量の基準です。

地域によって、栽培の環境が異なるため、同じ野菜であっても、地域によって農薬の使用回数や化学肥料の窒素成分量の基準は異なります。

1-4-2.有機JAS認定栽培とは

有機JAS認定栽培とは、農薬や化学肥料などの化学物質に頼らないで、自然本来の力で生産された食品のことです。

対象となる食品は、農産物、加工食品、飼料及び畜産物となっています。

■参考:有機食品の検査認証制度(厚生労働省)

1-4-3.RADIXとは

RADIXとは、らでぃっしゅぼーやが独自に制定した、日本の気候や栽培環境の中で最大限、安心・安全な農作物を生産し、さらにそれが持続できる、現実的な基準です。

■参考:野菜や果物のこだわり(らでぃっしゅぼーや)

1-4-4.大地を守る会有機農産物等生産基準とは

大地を守る会有機農産物等生産基準とは、大地を守る会が独自に制定した、有機農業の普及と、農産物の特徴や栽培状況を消費者にわかりやすく伝えることなどを目的とした基準です。

■参考:有機農産物等生産基準全文(大地を守る会)

1-5.土づくり

 オイシックスらでぃっしゅぼーや大地を守る会ミレー九州野菜王国
土づくり有機肥料を使ってよい土作りを行う土壌消毒剤は一切使用しません。土壌消毒剤は一切使用しません。確認できず有機質堆肥を使用した土づくり

有機農業は、豊かな地力と多様な生態系に支えられた土壌から生み出されたあるべき農業であると考えられています。

このため、安全で健康的な野菜を作るためには、農薬や化学肥料だけでなく、土づくりについても注意する必要があります。

「オイシックス」と「九州野菜王国」では、有機肥料を使ってよい土作りを行うことを宣言しています。

また、「らでぃっしゅぼーや」では有機農業を推進するため、土壌洗浄を禁止し、「大地を守る会」でも自然の循環による健康な土壌を大切にするため、同じように土壌洗浄剤を使った土づくりを行わないことを宣言しています。

「ミレー」については、土づくりに関する情報を確認することができませんでした。

1-6.遺伝子組み換え作物

 オイシックスらでぃっしゅぼーや大地を守る会ミレー九州野菜王国
遺伝子組み換え作物取り扱いは行いません遺伝子組換え作物、遺伝子組換え作物を原材料とする加工品は原則として取り扱いません。
飼料は非遺伝子組換えをできる限り使用します。
種子および苗は使用しない。確認できず確認できず

現在、日本国内では遺伝子組み換え作物の商業栽培は行われていないため、国内産の野菜に関しては注意する必要はありませんが、輸入野菜を取り扱っている可能性がある場合には、遺伝子組み換え作物の取り扱いについても確認することが必要です。

「オイシックス」は、取り扱いを行わないということで、遺伝子組み換え作物について安心できると感じました。

そして、「らでぃっしゅぼーや」は加工品についての詳細な説明を確認しましたが、遺伝子組み換え野菜についての情報を確認することができませんでした。

また、「大地を守る会」については、種子および苗は使用しないとの記載があるため、安心感はあるものの、輸入野菜を取り扱った際の対応については、不安が残ります。

「ミレー」と「九州野菜王国」については、遺伝子組み換え作物に関する情報を確認することができませんでした。

1-7.残留農薬検査

 オイシックスらでぃっしゅぼーや大地を守る会ミレー九州野菜王国
残留農薬検査定期的に行い、残留基準値を上回る残留農薬が検出された場合、原因調査の上で栽培方法に問題のあった場合には該当栽培責任者との取引を停止随時抜き取り検査抜き打ちでの残留農薬の検査確認できず確認できず

残留農薬の検査については、「オイシックス」が定期的に行っています。

また、「らでぃっしゅぼーや」と「大地を守る会」では、必要に応じ実施しています。

「ミレー」と「九州野菜王国」については、残留農薬検査に関する情報を確認することができませんでした。

なお、すべての農薬には、厚生労働省によって残留基準が設定されています。

そして、農薬などが、基準値を超えて食品に残留しないように「ポジティブリスト制度」と呼ばれる制度が導入されたり、地方自治体などが市場等に流通している食品を収去するなどして、検査を行っています。

■参考:食品中の残留農薬等(厚生労働省)

つまり、厚生労働省の基準による残留農薬検査は、すべての宅配野菜会社で行われているんです。

1-8.農薬使用状況の公開

 オイシックスらでぃっしゅぼーや大地を守る会ミレー九州野菜王国
農薬使用状況納品書に同封ぱれっとの商品には、毎回送られてくる野菜の農薬使用状況レポートが同封お客様の「マイページ」の注文履歴に掲載すべての農作物に、栽培方法を表記名で明記栽培を記録し管理確認を行っている情報を、なるべくお客様に分かりやすい形(HP・納品書)でご案内

宅配野菜の利用者である私たちにとって、届けられる野菜がどんな栽培方法で作られたものであるかについて情報を公開しているのかは、信頼できる宅配野菜会社を見つける上で、非常に重要なことです。

「ミレー」では、すべての農作物に栽培方法を表記名で明記する取り組みを行っています。

また、「オイシックス」、「らでぃっしゅぼーや」、「九州野菜王国」では、野菜を届ける際、納品書などに栽培方法や農薬の使用状況が記載されています。

「大地を守る会」では、ホームページ上にて農薬の使用状況を確認することができます。

「オイシックス」については、農薬使用状況公開に関する情報を確認することができませんでした。

2.農薬対策でおすすめの宅配野菜会社は?

では、これまでご紹介した比較調査結果を踏まえ、いったいどの宅配野菜会社を選ぶのが賢い選択なのでしょう。

私がおすすめしたいポイントは、次のとおりです。

2-1.農薬基準で選ぶならミレー

農薬基準で選ぶならミレー

農薬基準というポイントで宅配野菜会社を選ぶなら、私のおすすめは「ミレー」です。

なぜならば、ミレーで扱っている野菜は、

  • 有機JAS認定を受けた「有機栽培農産物」
  • 化学農薬や化学肥料を使用しない「特別栽培農産物」
  • 化学農薬や化学肥料を、一般的なな基準の50パーセント以下に節減した「特別栽培農産物」

の3種類で、農薬に対する安全性の高い有機野菜や無農薬野菜を私たちが自由に選ぶことができるからです。

また、ミレーでは、私たちの手元に届くすべての農作物に、栽培方法を表記名で明記してあるので、信頼度が高く、安心して使うことができます。

なお、残留農薬検査の有無については、確認することができませんでしたが、農薬使用状況や栽培方法について、きちんと分類し管理されていることや厚生労働省によって残留農薬検査が行われていることなどから、過剰に不安視する必要はないと判断しました。

一般的な宅配野菜会社から届く野菜は、残念ながら、すべてが有機野菜や無農薬野菜とは限りません。

そんな中でも、私たちが有機野菜や無農薬野菜を自由に選ぶことができる「ミレー」は、私たちの農薬に対する不安を払拭してくれる、優れた宅配野菜会社といえるでしょう。

ミレーの基本情報

お届けエリアお試しセット入会金送料支払い方法
全国(離島など一部地域を除く)なし無料詳しくはこちら詳しくはこちら
お届け時間指定留め置き年会費農薬放射能検査
無料詳しくはこちら詳しくはこちら

▼無農薬野菜のミレーの農薬基準の確認はこちらから▼

2-2.健康への影響を考えるなら、放射能検査も視野に

もし、あなたの宅配野菜を選ぶ目的が、家族の健康であれば、農薬だけでなく放射能検査についても注意することが必要です。

なぜならば、多くの宅配野菜会社では、農薬に対する安全性だけでなく、放射能検査にも力を入れているからです。

私たちの体は、放射能が含まれた食品を食べることによって、内部被曝していきます。

つまり、どれだけ有機野菜や無農薬野菜を選んでいても、放射能が含まれた野菜を食べてしまっては、皮膚ガンなどの悪性腫瘍の発生はもちろんのこと、白血病や臓器不全などのリスクから、身を守ることはできないんです。

宅配野菜会社の放射能検査に関する情報は「一番安全な野菜宅配はどこ?宅配野菜の放射能検査を比較してみた結果」で詳しく紹介しています。

家族の健康を考え、宅配野菜会社を選ぶのであれば、こちらも必ずチェックしてください。

(※ご注意!ここで紹介しているデータは、2016年1月5日時点での独自による調査結果です。各データは、必ず運営会社発表のものと照合しご確認ください)

宅配野菜のポイント別比較まとめはこちらから

『自宅をレストランに』をコンセプトにした、毎週こだわり食材とレシピが届く定期宅配サービス

■いま注目度急上昇の料理キット

『自宅をレストランに』をコンセプトにした、毎週こだわり食材とレシピが届く「魅せる食材キット【TastyTable】

プロ監修のレシピ、食材と調味量も使い切りの分量で誰でも必ず美味しい料理が作れます。

また、写真をインスタに上げたくなる『魅せる食材キット』として、日経トレンディ2017年ヒット商品予想第2位に選ばれたことからも、その注文度の高さがうかがえます。

▼おうちをレストランに変える食材キット▼

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です